【飲食店は必見】いまなら無料でUber Eatsの店舗登録ができます!(※期間限定で予告なく終了となりますので、お早めに!)

厨房機器はリース? 買取?

お店イメージ厨房機器
この記事は約5分で読めます。

「厨房機器は、リースか買取か悩む……」

「厨房機器は、どこで買えばいいんだろう?」

こんなふうに、厨房機器の調達には、頭を悩ませることが多いですよね。

サイズや年式、新品か中古などなど。

ボクはショーケースとスチコンをリースで揃えましたが、とても後悔しました。

なぜだかわかりますか?

このサイトでは、厨房機器はリースか買取のどちらがおすすめなのかを説明した後で、厨房機器を購入するのに、おすすめの店舗も紹介しています。

厨房機器のリースは危険!

「厨房機器はリースか?買取か?」

結論からいうと、厨房機器のリースは危険です。

確かに、リースにはメリットもたくさんあります。

初期費用をかけずに、毎月決められたリース料金を支払うだけで厨房機器が揃えられたり、資金計画もたてやすいです。

でも、最終的にボクは厨房機器をリースしたことを後悔しています。

理由は2つです。

  1. 買取のほうが、最終的な金額がかなり安い
  2. リースは、中途解約ができない

順番にみていきましょう。

リースより買取の方が安い

厨房機器は買取であれば、新品、中古に関わらず購入時に値引きもできます。

リースは、定価+金利となり、最終取得金額はかなりの差がでます。

また、リースは支払いにクレジットカードが使えないことが多いので、ポイント還元を含めると金額の差はとても大きいです。

リースは、中途解約ができない

「リースは、中途解約できない」

そういうと、こう思いますよね?

「いや6年くらいは余裕で使うから大丈夫!」

ボクも思いました。

でも使う気持ちはあっても、使えなくなることがあるんです。

どんな時でしょうかね?

悲しい話ですが、

閉店するときです。

飲食店の3割が1年以内に閉店します。

そして、7割が3年以内に閉店します。

これは残酷ですが、目を背けてはいけない事実です。

あなたの店が3年以内につぶれる可能性は70%を超えています。

つまり、リース満期前に、お店が閉店する可能性の方が高い!

そうすると、お店が潰れてしまった後の柔軟性は、買取の方が高いんです。

居抜き造作として譲渡することも、買取店舗へ高値で売却することもアナタの自由です。

しかし、中途解約ができないリース契約を解約した場合は、選択肢は1つ。

残額をまとめて支払うだけです。

もちろんリース会社が厨房機器を売却したあとの残額ですが、リース会社が手数料として、売却益をほとんど持っていくのか、スズメの涙の価格でしか売れないんです。

リースを組むには保証人が必要になりますので、もしもアナタが支払えなければ請求は、保証人に向かってしまいます。

漫画に出てくるような、保証人が最悪な結果になることもあり得ます。

それでは、厨房機器を揃える資金がない人はどうすればいいのでしょうか?

厨房機器は、融資で揃える

開業時に厨房機器を購入する資金がない人は、下記の2点がおすすめです。

  1. 厨房機器費も融資で資金調達する
  2. 資金が貯まるまで我慢する

可能であるなら厨房機器の取得価格も、融資でまかなうことがベストです。

融資申請時に厨房機器価格も入れて申請しましょう。

資金調達方法は、下記に詳しく書いてありますので読んでください。

厨房機器をまかなえる資金を持っている人も、できる限り自己資金は運転資金にあてましょう。

精神衛生上、運転資金は多めに持っていたほうが絶対にいいです。

つづいて、厨房機器を購入するお店やサイトを紹介します。

厨房機器を扱う店舗やサイト

厨房機器の店

厨房機器の購入って、値段は高いし、悩みますよね?

利用したことがあるのなら、性能はわかると思いますが、利用したことがない機器に関しては使い勝手もわかりませんよね。

そんな時にオススメなのが、 実際に見て触ってから購入できる 「テンポスバスターズ」です。

中古品も多く、価格もお得なものも多いです。

会員制なので登録しておきましょう。

厨房機器販売のテンポスホールディングス
厨房機器販売、買い取り、開業、物件探し、求人、店舗デザイン、販促サービスなど飲食店のことなら何でもお任せ!株式会社テンポスホールディングス!

つづいて、利用したことがある厨房機器や、もうすでに買いたい厨房機器が決まっている場合には、なんといってもネットショッピングが安いですね。

ネットだと少し不安という方もいると思いますが、実際にボクが利用したことのある厨房機器専門サイトを紹介します。

店舗で実際に見てから、低価格に買える専門サイトをよく利用しました。

また、調理器具、備品についてはアマゾン、楽天、メルカリなどもみてみましょう。

ネットショッピングの最大のメリットは配達もしてくれる点です。

忙しい飲食店にとって助かりますよね!

なお、開業準備中で厨房機器を探している人は、機器名称、値段、URLなど全て開業シュミレーションに記録していくと便利です。

よかったら、開業シミュレーションシートをご利用ください。

厨房機器は、高い買い物です。

できるだけお得に買い物したいですよね?

それでは最後に、購入方法について見ていきましょう。

お店専用のクレジットカードを作ろう

開業時には、厨房機器の購入など高額な支払いが続くものです。

プライべートの出費と分けるためにも、お得にポイントをゲットするためにも、お店専用のクレジットカードをつくると便利です。

お店の経費は全てカードに統一してしまうと管理が簡単ですし、ボクは楽天カードを使っていましたが、20万円以上ポイントが貯まりましたよ!

また、開店してしまうとバタバタになり、とにかく忙しいです。

ちょっとした買い物をしたい時はamazon、楽天、メルカリなどは重宝しますのでクレジットカードを登録しておくのもいいでしょう。

ちなみに、ボクはお店の仕入れや水光熱費も支払い可能な経費はすべて「楽天カード」で、プライベートは「Amazonクレジットカード」と分けてそれぞれポイントを貯めてました。

この2大カードは、飲食店経営者にとても重宝しますので、まだ持っていない人は作っておいたほうがいいですよ!

せっかくお店を経営するなら、お得にポイントを貯めましょう!

楽天カード新規入会キャンペーンはこちら

Amazonクレジットカード入会はこちら

タイトルとURLをコピーしました